【箱根駅伝】創価大学監督のコメントまとめ!10区の選手を責めてる?

スポンサーリンク

2021年1月2、3日に箱根駅伝が行われました。

最終区の10区で1位が逆転されるという波乱の展開でした。

ずっと1位を走ってきて、最後に抜かれて2位になった創価大学の榎木和貴監督のコメントが波紋を読んでいます。

創価大学の榎木和貴監督はどんなコメントをしたのでしょうか?

スポンサーリンク

創価大学監督のコメント

惜しくも優勝をのがし、総合2位になった創価大学の榎木和貴監督が、レース後にインタビューを受けてコメントしています。

アンカーに走り切れる選手をおけなかった私の指導力不足だ

とコメントしています。

生徒のせいではない、みんな頑張ってくれた

ともコメントしていますが、このコメントに賛否の声があがっています。

スポンサーリンク

創価大学監督のコメントへのネットの声

創価大学の監督コメント画像

創価大学の榎木和貴監督のコメントに対して、ネットでは様々な声があります。

10区の子は頑張っていたのに、コメントが辛辣すぎるという声が多く見られました。

https://twitter.com/chan_calimero/status/1345598457889734656

一方で、創価大学の監督は、走り終えた選手に「ありがとう」という言葉も伝えています。

インタビューでは、本当に自分のせいで優勝させられなかったと言いたかっただけかもしれないですね。

どの大学の選手もいい走りでした。

創価大学は、はじめての往路優勝を経験し、飛躍の年になったことは間違いないですね。

来年の箱根駅伝もまた頑張って欲しいです!

箱根駅伝フリーザ画像

箱根駅伝名物フリーザ様はコロナで自粛!自宅での観戦に観客の鏡の声!

2021.01.03
箱根駅伝画像

【箱根駅伝】沿道で応援する人が殺到!マナー違反の人に批判の声!

2021.01.02
スポンサーリンク