2020年 新語大賞「ぴえん」って何?意味は?どうやって使うの?

2020年の新語大賞が発表されました。

大賞に輝いたのは「ぴえん!!!!

え。なにそれ?

という人も少なくないのではないでしょうか?

今回は、2020年新語大賞に輝いた「ぴえん」の意味や使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

2020年新語大賞「ぴえん」の意味

ぴえん画像

ぴえん」とは主に女子高生の間で使われている言葉で、様々な意味を持つ言葉です。

基本的には、「泣きたいほど○○」を表す時に使う言葉です。

泣き声の「ぴえーん」を省略してSNS上やメールで『』の意味で用いられることが多いようですね。

でも、泣くほど嬉しいというような時も使い、深刻さはありません。

目を潤ませた絵文字とともに用いられることが多いです。

ちょっと悲しいとか嬉しいとか、感動して泣きそうとか

いろんな場面で使えます。

2019年に女子高生向けにマーケティングを行なっている株式会社AMFのJC・JK流行語大賞2019の言葉部門で1位になっています。

それだけ10代の子の間ではよく使われている言葉だということですね。

スポンサーリンク

2020年新語大賞「ぴえん」はどう使うのか

ぴえん画像

悲しくても嬉しくても使うってどうやって使うのww

って思いますよね。

2020年新語大賞「ぴえん」を実際にどう使うのか例をあげてみてみましょう。

ぴえんありがとう

感謝の「ありがとう」とともに使うことで、「泣いちゃうくらい感謝してる」ということを表せます。

ライブのチケット当たったぴえん

この場合は、ライブのチケットが当たって「泣くほど嬉しい」という意味ですね。

遅刻したぴえん

こちらは、「遅刻して悲しい」という意味です。

決して深刻なことではなく、「ちょっと悲しい」ということを表す時に使います。

「ぴえん」という言葉や絵文字をつけることによって、ちょっと可愛らしく感じますよね。

このように「ぴえん」は様々な場面で使えるので気軽に使いやすいです。

ちょっと深刻そうなことも「ぴえん」があると表現が柔らかくなります。

仲間内のSNSでのやりとりなどには使いやすいですね。

「ぴえん」はいろんな意味で使える言葉なので、ぜひ使ってみてください!

スポンサーリンク