【動画】永島アナの結婚占いが的中!星ひとみが占った内容とは?

2021年3月3日フジテレビの永島優美アナウンサーが結婚しました。

お相手は30歳の同局ディレクターです。

お祝いムード野の中、占い師の星ひとみさんが、永島アナの結婚占いを的中させたと話題になっています。

星ひとみさんが占った永島アナの結婚占いの内容とはどんなものだったのでしょうか?

永島アナの結婚が話題に

永島アナの結婚を報告しためざましテレビの永島アナの画像

2021年3月3日、フジテレビの永島優美アナが結婚しました。

3月4日のめざましテレビで、永島アナ自身が生報告しました。

ネットでは、永島アナの結婚を祝福する声がたくさんありました。

https://twitter.com/maronron12345/status/1367274847697399811

めざましテレビの中でも共演者が永島アナの結婚を祝福しています。

永島アナは3月4日、嵐の「Love so sweet」を聞きながら出社し、結婚を実感したそうです。

星ひとみが占った永島アナの結婚占いとは?

星ひとみが永島アナを占った時の永島アナの画像

そんな幸せいっぱいの永島アナですが、実は以前に結婚占いをしていました。

2020年10月14日の「突然ですが占ってもいいですか?」で、占い師の星ひとみさんが永島アナを占っています。

なんと永島アナの結婚に関しての占いが的中していたのです!

星ひとみさんの占いによると、永島アナは、

  • 永島アナは2021年に結婚、2022年に出産
  • 永島アナの父親には結婚の報告のみで良い
  • 永島アナには離婚の危機がある?

 

という結果が出ています。

1つずつ詳しく見ていきましょう。

永島アナは2021年に結婚・2022年に出産

永島アナは、2021年に結婚すると星ひとみさんの占いで言われていました。

星ひとみさんが永島アナを占ったのは、2020年10月14日です。

そこで、

2017年に出会った人と結婚する

と断言されています。

そう言われた直後に永島アナが、考えるようなそぶりをみせ、

えっ・・はい・・

と言っています。

心当たりがありそうな表情をしていますよね。

実際に永島アナは、旦那さんとは約3年半付き合っています。

まさに2017年に出会って付き合っているということですね。

完全に星ひとみさんの占いが的中しています。

永島アナの父親には結婚の報告のみで良い

永島アナと父親の画像

永島アナは、父親が交際を認めてくれないのではないかと不安に思っていました。

父親は、永島アナの彼氏に会うことを断固拒否していたそうです。

そのため、永島アナはそのことをずっと心配していました。

それについての星ひとみさんは、永島アナの父親は、

  • (娘の彼氏に会うのは)結婚するときでいいと思っている
  • 娘の彼氏ができた・別れたに関与したくない
  • 永島アナに任せている

 

と鑑定しています。

永島アナの画像

この教えを守ったのか、永島アナも父親には前日に結婚の報告をしているようです。

MCの三宅正治アナウンサー(58)から「お父さんの反応が気になる」と元サッカー日本代表でスポーツキャスターの永島昭浩氏(56)の反応を聞かれると「結婚する前日に電話したんですけど、低いトーンで“お父さんのことを忘れんといてな”と。笑っちゃいました」と明かした。これには三宅アナも「お父さーん!寂しいよね!」と共感していた。

引用元:スポニチ

永島アナの父親の反応からも、娘の結婚を素直に受け入れていることが伝わってきますね。

娘を送り出す父親の寂しさも伝わってきます。

永島アナは離婚の危機がある?

永島アナの画像

ただ、星ひとみさんの占いによると、永島アナの結婚について1つ注意することがあるようです。

それは、離婚の危機がくること。

永島アナが35歳の時に離婚する

と断言されています。

しかも、永島アナのせいで離婚するとまで言われています。

永島アナは、仕事と家庭を両立することでバランスが取れるようです。

そのため離婚を回避するには、永島アナは仕事を続ける必要があるそう。

完全に家庭に入ってしまうと離婚の可能性がかなり高くなってしまいます。

離婚を全力で嫌がっていたので、永島アナはきっと今後もずっと仕事を継続していくことでしょう。

永島アナが2022年に出産したら、星ひとみさんの占いは完全に当たったことになります。

永島アナの今後の情報にも注目ですね。

藤井萩花の結婚占い画像

藤井萩花の結婚の占いが的中!よゐこ濱口の弟が占った内容とは?

2021.01.28
市ノ瀬瞳の旦那は元同僚のディレクター?画像

【顔画像】市野瀬瞳の旦那は元同僚ディレクター!出会いのきっかけは?

2021.01.24