森喜朗会長の逆ギレ会見が炎上!不快な態度や発言とは?

スポンサーリンク

2021年2月3日の森喜朗会長の「女性が多い会議は時間がかかる」という発言が波紋をよんでいます。

海外からも女性蔑視だという批判を受けるほどの問題発言になっています。

この批判を受けて、森喜朗会長は2021年2月4日の発言に対する説明と謝罪の会見を開きました。

この記者会見での発言や態度に、またしても森喜朗会長に批判があがり、逆ギレ会見とまで言われています。

森喜朗会長の態度や発言はどのようなものだったのでしょうか?

スポンサーリンク

森喜朗会長の逆ギレ会見での態度や発言とは?

2021年2月4日14:00から、前日の森喜朗会長の発言に対する説明と謝罪会見が開かれました。

森喜朗会長は、冒頭で前日の発言を不適切だったと謝罪しました。

森喜朗会長は、冒頭で

  • JOC協議会での発言につきましてはオリンピックパラリンピックの精神に反する発言であったと認識している
  • 深く反省をしていて、発言を撤回したい
  • 不愉快な思いをされた皆様にはお詫びを申し上げたい

と発言しています。

しかしその後、記者の質問の時間になった時に森喜朗会長の態度が変化しました。

森喜朗会長が記者の質問に答えるどころか、だんだんキレてきています。

森喜朗会長の会見での発言や態度には、

  • 記者の質問に被せてくる
  • 記者の質問を遮る
  • イライラしている
  • 逆ギレしてる?
  • 聞き取りにくく何を話しているかわからない

 

という特徴がありました。

この態度に対し、国民からも批判の声がたくさんあります。

色々質問を受けて、虫の居所が悪くなったのか、

いくつか質問させてください

と言った記者に対しては、

1つにしてください。

と切り捨てる場面もありました。

森喜朗会長の冒頭の発言に対して質問しようとした記者に対しては、

面白おかしくしたいから聞いてるんだろ

と吐き捨てるような発言をしています。

会見の最後には「はいどうも」で立ち去っていった森喜朗会長。

謝罪会見のはずだったのに、逆ギレ会見のようになってしまっていました。

スポンサーリンク

森喜朗会長の記者会見に対する世間の声

森喜朗会長の会見に対して世間では、かなり批判が高まっています

この会見は、同時に世界にも配信されていたようなので、「日本の恥」という声も多く見られました。

https://twitter.com/mambo5ura/status/1357207522948509697
スポンサーリンク