深田恭子の復帰はいつ?適応障害の回復時期や引退の可能性もある?

スポンサーリンク

女優の深田恭子さんが2021年5月26日、芸能活動の休止を発表しました。

適応障害による活動休止のため、活動再開の時期も発表されていません

深田恭子さんが出演予定だったドラマも降板が決まっています。

深田恭子さんの体調が心配ですよね。

まずはゆっくり休んで欲しいですが、ファンとしては深田恭子さんの復帰時期も気になりますよね。

過去には、適応障害になって復帰した芸能人がいます。

しかし一方で、適応障害がきっかけで引退した芸能人もいます。

深田恭子さんは芸能界に復帰できるのでしょうか?

そこで今回は、深田恭子さんの復帰時期や引退の可能性についても調査してみました。

深田恭子が適応障害になった理由3つ!画像

深田恭子が適応障害になった3つの理由!休養の予兆は以前からあった?

2021.05.28

スポンサーリンク

深田恭子が活動休止を発表

深田恭子が活動休止を発表の画像

2021年5月26日、深田恭子さんが適応障害のため活動休止を発表しました。

深田恭子さんは、最近もCMやドラマ、映画にも出演していました。

そんな中の突然の発表だったため、世間からも驚きの声があがりました。

https://twitter.com/gohnya0409/status/1397616567077064705

https://twitter.com/Rio_channel_/status/1397582596209471493

深田恭子さんの活動休止の原因となった適応障害とはどのような病気なのでしょうか?

適応障害とは?

深田恭子が活動休止を発表の画像

適応障害とは、生活の中のストレスにうまく対処できない時に起こる病気です。

適応障害とは、生活の中で生じる日常的なストレスにうまく対処することができない結果、抑うつや不安感などの精神症状や行動面に変化が現れて社会生活に支障をきたす病気のことです。

引用元:Medical Note

適応障害になる原因は人それぞれですが、家庭や仕事などでのストレスが主な原因です。

また、本人の性格も影響します。

深田恭子は適応障害?の画像

ポジティブで外交的な人より、ネガティブで内向的な人の方が適応障害になりやすいようです。

深田恭子さんは、いろいろ悩んでしまうタイプのようです。

深田恭子さんは、2019年7月11日に「直撃!シンソウ坂上」に出演しています。

シンソウ坂上に出演した深田恭子画像

そこで、深田恭子さんは自分自身について、

  • もともと結構なんでも悩んじゃう
  • 毎日、明日が不安

 

と語っていました。

ポジティブな親友の吉田沙保里さんにいつも励ましてもらっているとも言っていました。

深田恭子さんは、どちらかというと内向的なのかもしれないですね。

なんでも悩んでしまう深田恭子さんの性格が、適応障害につながってしまったのかもしれません。

スポンサーリンク

深田恭子の復帰はいつ?

では、深田恭子さんの芸能界の復帰時期はいつなのでしょうか?

適応障害の治療期間はどのくらい?

深田恭子の復帰はいつ?画像

適応障害は一般的に、ストレスが解消してから6ヶ月以内に症状が改善すると言われています。

ただ、ストレスが続く場合は症状が長引く可能性もあるとのこと。

ICD-10(世界保健機関の診断ガイドライン)では、原因となるストレスが生じてから1か月以内(米国精神医学会のDSM5では3か月以内)に発症し、ストレスが解消してから6か月以内に症状が改善するとされていますが、ストレスが長く続く場合には長期間続くこともあります

引用元:Medical Note

深田恭子はいつ復帰する?の画像

深田恭子さんのストレスの原因は公表されていません。

ただ、原因が仕事であれば、休養してから約半年後の2021年内には回復する可能性がありそうですね。

回復後に様子を見ながら復帰をするのではないでしょうか。

過去に適応障害になったロンブー亮の例

ロンブー亮さんも適応障害に?画像

過去に適応障害になった有名人に、ロンブーの亮さんがいます。

亮さんは、2019年に闇営業問題で無期限の謹慎処分を受けています。

その後、亮さんは適応障害を発症しました。

相方の淳さんが亮さんの異変に気付いたそうです。

ロンブー淳と亮の画像

淳さんは、当時の亮さんの様子について、

  • 本人は、適応障害を患っていることを気づいていない。
  • でも昨日の亮と今日の亮は明らかに違う。

 

と感じていたそうです。

淳さんの勧めで病院に行った亮さんは、適応障害と診断されています。

2020年1月30日にロンブーは復活ライブをしています。

その時までには亮さんの症状は治っていたと考えられます。

なので、適応障害になった亮さんの治療期間は約半年ということですね。

スポンサーリンク

元乃木坂46中元日芽香は適応障害後カウンセラーに

元のギザさ46中元日芽香の画像

元乃木坂46の中元日芽香さんも適応障害になった1人です。

中元日芽香さんは2011年に乃木坂46の1期生になりました。

2017年1月28日に体調不良のため休養が発表されています。

中元日芽香さんは、歌って踊るのは楽しいけど、トップアイドルでいる責任感に苦しめられていたようです。

中元日芽香さんは、徐々にアイドルでいることを楽しいと思えなくなりました。

そして中元日芽香さんは、リハーサルにも携帯電話にも出られない状態になってしまいました。

元のギザさ46中元日芽香の画像

その後、中元日芽香さんは適応障害と診断され、休養しています。

しかし結局2017年8月には、中元日芽香さんは復帰することなく、引退することとなりました。

中元日芽香さん、2018年11月20日に心理カウンセラーとして活動することを公表しています。

中元日芽香さんの引退後、どのくらいで適応障害の症状が回復したかはわかっていません。

ただ、中元日芽香さんは1年後には新たな活動を開始できています。

ということは、中元日芽香さんは半年〜1年ほどで適応障害が改善したと推測できますね。

深田恭子の引退の可能性は?

深田恭子の引退の可能性は?画像

深田恭子さんの場合も、おそらく半年〜1年ほどで回復できるのではないかと思われます。

ただ、深田恭子さんのストレスの原因が仕事であれば、復帰は難しいかもしれません。

たとえ適応障害から回復しても、ストレスのかかる仕事をしたらまた症状を発症しかねませんよね。

その場合は、元乃木坂46の中元日芽香さんのように、芸能界を引退することも考えられます。

深田恭子の激ヤセ画像

深田恭子さんは2021年に入ってから激ヤセしているとも報道されていました。

もしかしたら、今回の適応障害とも関係していたのかもしれません。

まずはゆっくり身体を休めて欲しいですね。

そして、また元気な深田恭子さんを見られる日を待ちましょう!

スポンサーリンク