牧島かれんは狩猟からイノシシ解体までする凄腕!ハンター免許をとった理由は?

スポンサーリンク

2021年10月4日に誕生した岸田内閣。

デジタル相に任命された牧島かれんさんが珍しい趣味をお持ちです。

牧島かれんさんの趣味とは、狩猟

しかも凄腕ハンターだそう。

イノシシの解体までできちゃうんだとか。

今回は、そんな牧島かれんさんの狩猟の腕前や免許をとった理由を調べてみました。

スポンサーリンク

牧島かれんのプロフィール

牧島かれんは狩猟からイノシシ解体までする凄腕!画像

名前:牧島かれん

生年月日:1976年11月1日

出身地:神奈川県

出身大学:国際基督教大学
ジョージワシントン大学大学院

趣味:映画鑑賞、数独

 

牧島かれんさんは、国際基督教大学出身です。

国際基督教大学の偏差値は67.5

かなり頭のいい学校ですね。

その後、ジョージワシントン大学ポリティカルマネージメント大学院で学んでいます。

牧島かれんさんは、帰国後、桐蔭横浜大学と東京純心女子大学で教授として働いています。

加えて、情報番組のパーソナリティも経験されています。

2008年31歳の時に神奈川17区から初出馬

牧島かれんは狩猟からイノシシ解体までする凄腕!画像

でも残念ながら当選できませんでした。

牧島かれんさんの初当選は2012年

同じく神奈川17区から立候補し当選しています。

2020年9月には、女性初の自由民主党青年局長に起用されます。

そして、2021年10月4日岸田内閣でデジタル大臣、内閣府特命担当大臣(規制改革)として初入閣となりました。

牧島かれんさんは、初めての出馬では悔しい思いをしたものの、その後は順調にキャリアを積んでこられています。

スポンサーリンク

牧島かれんの狩猟の腕がすごい!

牧島かれんは狩猟からイノシシ解体までする凄腕!画像

牧島かれんさんは、永田町のハイジというニックネームまでついています。

ニックネームの由来は、牧島かれんさんが狩猟をしイノシシの解体までできるから。

牧島かれんさんは凄腕ハンターのようです。

牧島かれんはわなの狩猟免許を持っている!

牧島かれんは狩猟からイノシシ解体までする凄腕!画像

狩猟免許には、銃、わな、網の種類があります。

牧島かれんさんは、わなの狩猟免許を持っています

2016年にわなの狩猟免許を取得して以降、月に一度は狩りに出ていました。

わなでの狩猟でも免許がいるんですね。

朝5時くらいからわなを仕掛け獲物がかかるのを待ちます。

そして、解体して食べるところまでが一連の流れだそうです。

牧島かれんはイノシシの解体もできる

牧島かれんは狩猟からイノシシ解体までする凄腕!画像

牧島かれんさんは、イノシシの解体もできます。

さばくのに2、3時間はかかるそう。

皮を剥いだり肉をカットするときは、様々なナイフを使いわけます。

皮の近くの脂身を残しながら皮をはぐのが難しいそうです。

さばくのに2~3時間はかかるね。皮をはぐときやもも肉をカットするときに、いろいろなナイフを使い分けなきゃいけなくて。例えばイノシシのおいしいところって脂身のところなんだけど、皮のそばに付いているおいしい脂身をしっかり残しながら皮をはぐのがなかなか難しくて。最初の頃はよく猟友会の先輩に怒られたわ

引用元:政治マガジン

牧島かれんさんは、何度も練習してイノシシをさばけるようになったんでしょうね。

スポンサーリンク

牧島かれんが狩猟免許をとった理由

牧島かれんが狩猟をする様子画像

牧島かれんさんが狩猟免許をとった理由はなんだったのでしょうか?

一番の理由は、仕事のためのようです。

牧島かれんさんは、鳥獣被害対策に取り組んできました。

鳥獣被害対策の議連にも出席し、力を入れて積極的に活動している様子。

牧島かれんさんには、鳥獣被害を減らしたいという強い想いがあったのでしょう。

牧島かれんは狩猟からイノシシ解体までする凄腕!画像

実際、野生動物による農作物被害が多く、困っている農家の人が多くいました。

牧島かれんさんは、そういった人たちや農作物を守りたいという想いがあったのですね。

対策に取り組んでいくうちに地元の人とも交流が生まれたようです。

より本格的に取り組むために、牧島かれんさん自身も免許をとるに至ったのでしょう。

牧島かれんさんは、人手不足を理由に市町村の職員に狩猟免許取得を呼びかけています。

そういう呼びかけも、牧島かれんさん自身が免許をとっているからできることですよね。

免許を持っていることで、牧島かれんさんの呼びかけや活動もより説得力が増しますね。

牧島かれんは大のジビエ好き!

牧島かれんのジビエランチの画像

牧島かれんさんは、大のジビエ好きでもあります。

ジビエの魅力は奥深く、その魅力にとりつかれて免許を取る人もいるくらい。

野生動物をただ駆除するだけでなく、食すことも動物への敬意と考えられているのですね。

牧島かれんさんも、鳥獣被害対策に加えて免許をとったことで、よりジビエを身近に感じていることでしょう。

牧島かれんさんは現在、狩猟に加えイノシシも解体できる凄腕ハンターと言われるほどです。

免許をとったことで、活動の幅が広がりより積極的に鳥獣被害対策に取り組んでいらっしゃるのですね。

牧島かれんさんの今後の取り組みに注目したいです。

スポンサーリンク